改訂版 随意運動発達検査

監 修:田中 美郷(帝京大学教授)


 対  象: 2歳0カ月〜6歳11カ月の幼児
検査時間: 20〜30分
実施方法: 検査者がいくつかの運動パターンを提示し、幼児に模倣させます。幼児の反 応を課題ごとに達成基準に照らし合わせ、達成されたか否かを判定します。
解説用VTRが用意され、提示方法ならびに判定方法が示されます。
特  色: 運動パターンを幼児に模倣させる手続きにより、随意運動の発達特徴を診断することができます。
高次運動機能の発達に視点をおいた一種の神経心理学的検査です。
言語障害児、発達障害児の神経心理学的診断に携わる専門家向きの検査ですが、健常児の発達についての理解を深める上でも役立ちます。
測定領域: 1.手指  2.顔面・口腔  3.躯幹・上下肢
測定内容: 手指、顔面・口腔、躯幹・上下肢の各領域について、意図的に身体部位を操作する運動機能の発達状態を調べます。
課題ごとに健常児の90%が通過する基準年齢が示されていますので、課題の可否によって、健常発達からの逸脱傾向がつかめます。
検査結果は領域別に記入でき、領域間差の検討が可能です。
検査一式: 「解説書」
「解説用DVD」
「検査用紙」

検査一覧へ戻る


Copyright (C) 2001-2004 CODER (CENTER OF DEVELOPMENTAL EDUCATION AND RESEARCH). All Rights Reserved.