KIDS (キッズ) 乳幼児発達スケール
――
KINDER INFANT DEVELOPMENT SCALE ――

監 修:三宅 和夫 (放送大学教授・北海道大学 名誉教授)


 編集者: 大村政男(日本大学 教授)
高嶋正士(共立女子大学 教授)
山内 茂(女子聖学院短期大学 教授)
橋本 泰子(横浜市立大学附属病院心理室)
対象児: 0歳1か月〜6歳11か月の乳幼児
回答者: 保護者など対象児について、その日頃の行動をよく観察している人
検査時間: 10〜15分程度
実施方法: 約130項目からなる質問について乳幼児の日頃の行動に照らして、○×で回答します。
特色: 1989年、全国38都道府県の乳幼児約6,000名によって標準化された新しい検査です。
乳幼児の自然な行動全般から発達を捉えることができ、場所・時間の制限を受けずにどこでも短時間で診断できます。
領域別評価の示されない他の知能検査等の補助検査としても活用することができます。
検査領域: 1.運動/体全体の大きな動き
2.操作/手指などの意図的な動き
3.理解言語/言葉の理解
4.表出言語/話すことのできる言葉
5.概念/状況依存によらない言語的理解
6.対子ども社会性/友だちとの協調行動
7.対成人社会性/大人との関係、特に親子関係
8.しつけ/社会生活における基本的なルール
9.食事/衛生感覚や食事の基本的なルール
結果処理: 領域ごとに○の数を集計するだけで、手引きの換算表から簡単に発達年齢を求めることができます。
検査結果: 1.領域別発達プロフィール
2.領域別発達年齢・総合発達年齢
3.領域別発達指数・総合発達指数
検査一式: 「手引き」
「検査用紙」
 タイプA 0歳1か月〜0歳11か月用
 タイプB 1歳0か月〜2歳11か月用
 タイプC 3歳0か月〜6歳11か月用
 タイプT 0歳〜6歳児(発達遅滞児向き)

KIDS見本のダウンロード
↑サンプルはこちら
(PDFファイル・586KB)


KIDS見本はPDF 形式で配付しております。PDFデータを閲覧し、 印刷して使用する為には、Adobe 社の Acrobat Reader が必要となります。Acrobat Reader をお持ちでない方は、下のアイコン( Get Acrobat Reader ) をクリックして Acrobat Reader をダウンロード後、インストール して下さい。なお、Acrobat Reader のダウンロードや使用は無料です。


検査一覧へ戻る


Copyright (C) 2001-2004 CODER (CENTER OF DEVELOPMENTAL EDUCATION AND RESEARCH). All Rights Reserved.