2022年度 国際ワークショップと公開講演会のご案内

日本発達心理学会 国際研究交流委員長 福山 寛志

2022年度の国際ワークショップと公開講演会を下記の要領で開催いたします。お招きする講師は、ウィーン大学(University of Vienna)心理学部よりタクヤ・ヤナギダ(Takuya Yanagida)先生、そしてトゥルク大学(University of Turku)心理学部よりリディア・ラニンガ-バイネン(Lydia Laninga-Wijnen)先生です。受け入れ担当者は、家島明彦先生(大阪大学)です。ヤナギダ先生は、統計の専門家としてヨーロッパ発達心理学会(European Association for Developmental Psychology: EADP)の学会誌(European Journal of Developmental Psychology: EJDP)で Associate editor(特に発達に関する測定 Developmetrics に関する部分の査読担当)を務めておられます。また、いじめの国際比較研究に関しても多くの論文を執筆されています。ラニンガ-バイネン先生は、人間発達に関する電子ジャーナル(Journal of Applied Developmental Psychology: JADP)の編集委員を務めておられます。また、いじめと友人関係に関する研究にも取り組んでおられます。

 フリーソフトRで統計分析を始めたい方、海外の学会誌に英語で論文投稿してみたい方など、大学院生や若手研究者を対象としたワークショップとなっております。皆さま奮ってご参加ください。内容の詳細および参加申込方法などにつきましては、日本発達心理学会ウェブページ(ワークショップ・シンポジウム>国際研究交流委員会からのお知らせ)にご案内を掲載しております。

 なお、今回の国際ワークショップ・公開講演会は、 (公財)発達科学研究教育センター(CODER)及び大 阪大学(キャリアセンター、キャンパスライフ健康支 援・相談センター、人間科学研究科)との共催とし て、大阪大学人間科学部・人間科学研究科創立 50 周 年記念事業委員会の協賛により行われます。

※いずれも対面での開催を予定しておりますが、今後の状況によってはオンライン開催への変更や中止になる可能性もございます。今後の予定については、発達心理学会ホームページで随時公表される予定です。

※ワークショップは基本的に英語で行われますが、日本語で質問していただくことは可能です。また、参加者は各自ノートパソコンをご持参ください。

国際ワークショップ

タイトル

縦断データ分析: 相対的変化を調べるパネルモデル(Longitudinal Data Analysis: Panel Models Investigating Relative Change)

講師

タクヤ・ヤナギダ博士(ウィーン大学) Dr. Takuya Yanagida(University of Vienna)
リディア・ラニンガ-バイネン博士(トゥルク大学) Dr. Lydia Laninga-Wijnen(University of Turku)

日時

2022年9月2日(金)9:30~4日(日)12:00

会場

大阪大学豊中キャンパス 全学教育管理・講義A棟 2階 HALC1(A212)

定員

25名程度(事前申込制)※応募者多数の場合、大学院生、若手研究者を優先します

参加費

資格ポイント申請あり:

 会員 一般15,000円、学生10,000円

 非会員 一般20,000円、学生12,000円

資格ポイント申請なし:

 会員 一般9,000円、学生5,000円

 非会員 一般10,000円、学生6,000円

※交通費・宿泊費は含みません。

懇親会

新型コロナウイルス感染症の感染予防のため、飲食を伴う懇親会は開催しません。

申込締切

2022年7月31日(日)23:59

申込方法

国際ワークショップ申込フォーム https://forms.gle/GeYnMZUUm5VZxdPX6

※キャンセルポリシー:入金期限を過ぎた場合はキャンセル扱いとなります。ワークショップ2週間前(8/19)までに参加キャンセルのご連絡がある場合は返金対応いたしますが、それ以降のキャンセルおよび無断欠席は返金対応できませんのでご了承ください。

資格更新ポイント

臨床発達心理士、学校心理士、臨床心理士の資格更新ポイント対象予定です
(3日間参加で取得可能です)。

プレウェビナー

6/11(土)17:00-19:00にオンライン(Zoomウェビナー)で特別ワークショップ(統計分析ソフトR入門)を開催します。こちらは一般公開・無料です(要申込 https://bit.ly/3KWJsDA 6/10(金)〆切)。※終了しました

国際ワークショップ2週間前となる8/19(金)の17:00-19:00には、オンライン(Zoomウェビナー)でプレワークショップ(統計分析ソフトRに関する質疑応答)を開催します。こちらは国際ワークショップ申込者のみ参加可能となります。


公開講演会(通訳あり)

タイトル

方法論的アプローチ:どのように研究を形づくるのか(Methodological approaches: How they shape research)

講師

タクヤ・ヤナギダ博士(ウィーン大学) Dr. Takuya Yanagida(University of Vienna)

リディア・ラニンガ-バイネン博士(トゥルク大学) Dr. Lydia Laninga-Wijnen(University of Turku)

日時

2022年9月4日(日)13:30-16:30

会場

大阪大学 豊中キャンパス 大阪大学会館 講堂

定員

200名(事前申込制、先着順)

参加費

無料

申込締切

2022年8月31日(水)23:59(定員に達し次第、受付終了)

申込方法

公開講演会申込フォーム https://forms.gle/a9M5fDLGFucW5AFx8

資格更新ポイント

臨床発達心理士、学校心理士、臨床心理士の資格更新ポイント対象予定です。